スペイン産生ハム

ハモン・トレベレス

深い味わいと香り プレミアムブランド「Tradicion 1862」
日本で唯一当社のみが扱うことを許された プレミアムブランド

トレベレスには、1989年に創設されたトレベレス生産協会があります。ここの目的は、1862年に時の女王イサベル2世がトレベレス村で作られた生ハムに感動し、スペイン王家の紋章を商標に使用することを許可したことから、その名誉に恥じない伝統的なハム熟成技術を継承すること、及びその高品質をプロモーションすることにあります。株式会社ダイヤモンドスターでは、この生産協会の会長を務め、さらにトップの生産量を誇るアントニオ・アルバレス社のアルバレス氏により選びぬかれた特別で最良の生ハム「Tradicion 1862」ブランドを扱っております。

Jamon de Trevelez

特徴

トレベレスは美味しいハモン・セラーノの産地として、その名を広く知られています。自然の環境と何世代にも渡り継承されてきた匠たちの熟練技が備わったこの村で生産されるハモン・セラーノは、他の地域では決して作り出すことのできない深い味に仕上がることから、村の名前がそのままブランド名となり、ハモン・セラーノの中でも格別として扱われてきました。

Jamon de Trevelez

原料

雌豚のモモ肉と地中海の海塩だけを原材料とします。亜硝酸塩や保存料、着色料などの添加物は一切使用しません。また、トレベレス村は、標高1,750mという非常に高い場所にあるため、豚の飼育には適しません。原材料となる豚モモ肉は、カタルーニャ州やムルシア州まで行き、サイズ・形が良く脂がのっている雌豚から厳選します。トレベレス村に到着するとトレベレス品質統制委員会によるさらに厳しいチェックが行われ、合格したものだけにトレーサビリティナンバーが付けられます。

PGI

Jamon de Trevelez

ハモン・デ・トレベレスは製品名に謳われている地域で生産されているという証明であるEU地理的表示保護指定(PGI)の認可を受けています。 この認可を受けている製品は、その現地らしさはもちろん、一定の品質や評価、および特徴を持っていなければなりません。


タグ

Jamon de Trevelez

ハモン・デ・トレベレスは原材料である生肉の重量によって分類されています。
【青タグ】生肉が11.30~12.30kgのハモン・デ・トレベレス
【赤タグ】生肉が12.30~13.50kgのハモン・デ・トレベレス
【黒タグ】生肉が13.50kgより大きいハモン・デ・トレベレス
★ハムは製造過程において熟成され、肉の重量が減るため、実際にお届けするハムの重量とは異なります。

最高級品の証「ハブーゴ(Jabugo)」

アルプハーラ地方

トレベレス村は、その名前よりも生ハムの最高級ブランドとして知られるようになりました。トレベレス村が位置するアルプハーラ地方は、アンダルシア州グラナダ県に位置する美しい場所です。トレベレス村はスペインで最も標高の高いところである、シエラネバタ国立公園の中心部、ムラセン山のふもとの海抜1,750メートルのところに位置しています。この地方は寒暖の差が激しい山岳気候と清涼な空気、澄んだ水に恵まれ熟成に最適な条件がそろっています。この狭いエリアだけに恵まれた類まれな気候の中で微生物の作用に助けられ、スペインの他の地方では作りえないハモン・デ・トレベレスが完成します。
コンソルシオ・デ・ハブーゴ社